SwimExプールとプロペラ式(スクリュー式とも呼ばれる)プールを比較する場合、次の3つの要素を考慮することが重要です。

  • 水流
  • 構造品質
  • 作動音

なぜSwimExの「水の壁」がいいのか

SwimExおよびプロペラ式プールは、両者ともジェット式プールより優れた流水を作ります。しかしプロペラ式プールは、幅約53cm、深さ約45.5cmというプールの中心部にのみ流水を起こすため、効果的な水泳には難しい環境です。

業界唯一のパドルホイール技術を使用したSwimExプールは、プロペラ式と比べてより広くより深い流水を作り出し、プール内のどのエリアにおいても水泳やエクササイズ、セラピーを効果的に行うことができます。プール全幅に流れる深さ約76cmの「水の壁」が作れるのはSwimExプールだけです!

水流の質もポイントです。SwimExプールの流水の強さは99段階の設定があり、毎分113,562リットルもの水量を滑らかな川のような流れで動かします。プロペラ式プールの場合は毎分わずか19,000リットルです。

高耐久、低メンテナンスを実現した設計

プロペラ式プールは、ビニール性ライナーでカバーされたステンレス鋼で作られています。ライナーは数年ごとに交換する必要があり、プロペラを駆動させる油圧モーターも3年〜5年おきの交換が推奨されています。

強いFRP複合材料から作られるSwimExプールは、ファイバーグラスヨットと同等の耐久性を有しています。バルサ木材の芯をFRPや樹脂、ゲルコートで挟んだ「サンドイッチ構造」で作られており、交換すべきライナーもなく、堅固、低メンテナンスのプールです。機能性や安全性はもちろん、耐久性をも重視した業界一のハイエンドプールです。

静かな環境作り

プロペラ式プールを駆動する油圧モーターはプール内前部に配置され、その作動音もかなりの大きさです。プール後背部に配されているSwimExの駆動システムは、デッキでカバーされることにもなるため、その作動音は最小限に抑えられ快適にプールを利用することができます。

SwimExプールは、数あるオプションの中からカスタマイズしていただけます。個人宅や施設の環境、エクササイズやセラピーのニーズにあったプール、それら一台一台を受注生産にて丁寧に製造しています。
 
 

SwimEx500-OSモデル vs A社プロペラ式プール

標準装備 & オプション SwimEx A社
駆動システム 迅速かつ効率的な電動モーター 油圧モーター
3〜5年で交換するモーター※ 交換不要 設置費用を含めて有料
ビニールライナーの交換 ライナーは不要 設置費用を含めて有料
鋼パネルの組立て、ビニールライナーの取付け、配管継手の取り付け 不要(1-ピースFRP構造) 有料
プールの縁 込み (FRP) 有料
水流の強さの確認、微調整、再現する機能 ◯(99段階で微調整可能)
複数の水深
構造 船舶グレードFRP複合体 、バルサ木材の芯、ゲルコート表面仕上げ。 金属パネルとビニールライナー、あるいはFRP裏面の1ピースアクリル製本体。
完全自立式・自己支持体 ✖️
色選択 標準色の白以外にも多くのジェルコート色が揃う。 水位線タイルも室内環境に合わせて数百色から選択可能。 ビニールライナーは、4パターンで3タイプ、水位線タイルも提供。ビニールライナーは永久保証ではなく、交換が必要。
マサージジェット、埋込式水中トレッドミル、水中照明、 手すり付きタラップ 特定のモデルのみ
設置作業 継目のない1ピース構造(組立て不要)または既存場所にも容易に搬入できる4または8ピース設計。 鋼パネルモデルは「キット」型で納品され現場で組み立て。全モデルには組み立てが必要。
保証 本体構造:10年、表面仕上げ:5年、モーター:1年 本体構造:5年、可動部品:1年(限定あり)
※A社の文献記載:「水中油圧モータは、3〜5年ごとに交換すべきです。」